水道の施工工事が必要になるほどの水トラブルとは

水のトラブルが起きたとき、そのトラブルの状況によって水道工事が必要になることは珍しいことではありません。大掛かりな施工が必要なトラブルが頻繁に起こるわけではないものの、素人が簡単に直せるものではないことが多いのが現状です。
 
■排水に関する設備で起こる水のトラブル

例えば生活用水を流すための排水管でトラブルが起こる場合、接続している部分で部品が緩んだり、場合によってズレてしまうこともあります。毎日使い続けているので小さな負荷がかかり続けていることや、地震のような振動も原因のひとつに考えられます。
給水管のように常に水圧がかかっているわけではないものの、使い終わった水を流す時に急に圧がかかるため、それが衝撃となることもトラブルの要因になっています。ズレている状態で使い続けると、いずれ外れてしまい汚水で汚れてしまうこともあるので注意が必要です。部品が緩んでいるようなら締め直すことで解決できるでしょう。

■大きな破損は施工が必要になる

生活用水が流れていく排水管は蛇腹になっているタイプが多く、そこに小さなゴミなどが詰まってしまい、それが小さな負荷となって、いずれ破損に繋がってしまうこともあります。
破損した場所から汚水が流れてしまえば、床が一瞬にして水浸しです。特にキッチンや洗面台のようにお湯を頻繁に使うところは、熱いお湯を流してしまうと塩化ビニール製の蛇腹は劣化が早まってしまいます。一度劣化が進むとあっという間に素材が弱くなってしまい、穴があくのも時間の問題となります。

■まとめ
水道工事のほとんどは専門業者が担当します。排水管の修理になるのか、それとも排水管を丸ごと交換するのか、状況に応じて専門家が判断します。熱いお湯を流さないことや、ゴミを流さないなど日ごろの心がけ次第で、水のトラブルを未然に防ぐことができることもぜひ覚えておいてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ