水道工事が必要なお風呂のトラブルといえば?

お風呂の水のトラブルで一番多いのは排水溝の詰まりです。汚れた水が流れていく場所なので、どうしてもトラブルが起こりやすくなります。その状況によって水道工事が必要になることもあり得るので、できる限り原因を追究していきましょう。

■排水溝に何が詰まりやすいのか

お風呂は一日の疲れや汚れを落とす場所です。そのため、ボディーソープやシャンプーなどのカスのほか、髪の毛、垢、皮脂などが流れていきます。そんな目に見えるかどうか分からないような小さなものが流れていくのに、どうして排水溝が詰まってしまうのでしょうか。
これらが流れていくと、排水管の中にベッタリとはりついてしまい、そこにどんどん髪の毛や皮脂などが蓄積されて、結果的に大きな詰まりとなって水が流れなくなってしまうのです。そのまま放置しておいても状況は改善されません。専用の洗浄剤などを使うか、それでも状況が改善されない場合は専門業者に依頼するほかありません。

■意外なものが詰まってしまうこともある

排水溝の入り口にネットがあれば特に心配はないものの、お掃除のときにネットを外したまま忘れてしまったという場合、うっかり固形物が流れてしまうことがあります。シャンプーやボディソープの詰め替え用のキャップや、カミソリ、歯ブラシなどもうっかり落としてしまうことがあります。手を入れて取れるならいいものの、多くの場合はそのまま奥に流れていってしまいます。
見えないところまで流れたのならいいだろうと思っていても、そこに次々に髪の毛やカスが溜まれば、最終的に詰まりが生じてしまいます。

■まとめ
常にお風呂場を清潔に使うためにも、水道工事が必要となるトラブルはできるかぎり起きないように注意したいところです。普段の生活の中で気を付けたり、定期的に専用の洗浄剤を使うなどして、排水溝の中に汚れが溜まらないように心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ