給水装置に関する水道工事

水回りや水道に関するものは、目に見えるところにあるものと、目に見えないところにあるものに分けられます。それぞれに役目を果たしてますが、例えば給水装置というのはどの部分を指すのでしょうか。

■給水装置と呼ばれる部分とは

給水装置と呼ばれているのは、家の中にある水抜き栓や給水栓のほかに、自宅の中まで引き込まれた給水管なども該当します。キレイな水が届き、家の中に水を供給する装置です。
この給水に関する装置は長い月日がたって古くなってしまったり、外気温が低くなったことで凍結したり、さらに間違った使い方によって破損してしまう恐れがあります。破損から水漏れなどのトラブルが起こり、早急に対処しなければ次々に水が漏れて水道料金も加算されてしまいます。状況が悪くなるにつれて水道工事に時間がかかりますし、それに比例して修理代もかかってしまいます。

■給水に関する装置が故障した場合

水漏れと聞くと被害がそれほど大きいイメージがないと思うかもしれませんが、水漏れは一度起こると自然治癒のように直るわけではなく、放置しておけばそれだけどんどん状況が悪くなって被害も大きくなります。給水に関する装置で故障が起きたときは、できるだけ早く指定工事店に連絡を入れることが大切です。
もしも賃貸物件の場合は、管理人もしくは大家に連絡を入れて相談することを忘れないようにしてください。どこに原因があって修理代はどちらが払うのかなど、どのような決まりになっているのか確認する必要があるためです。

■まとめ
給水に関する工事となると、必ず指定工事店へ修理を依頼しなければなりません。なぜなら、指定工事店以外に依頼をすると、工事そのものが無資格によって無届で行われたことになり、すでに終わっている工事のやり直しが必要になることもあれば、最悪な場合は給水を停止されてしまう地域もあるからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ